TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

○〔NY外為〕円、106円台後半(9日朝)

     【ニューヨーク時事】週末9日午前のニューヨーク外国為替市場では、朝鮮半島をめぐる緊張緩和への期待が高まる中、円売り・ドル買いが進んだ海外市場の流れを引き継ぎ、円相場は1ドル=106円台後半に下落している。午前9時現在は106円80〜90銭と、前日午後5時(106円19〜29銭)比61銭の円安・ドル高。
 海外市場では、トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談に応じる意向を示したとの報道を受け、安全資産とされる円を売ってドルを買う動きが進行した。ニューヨーク市場もこの流れを引き継いで106円84銭で取引を開始した。
 米労働省が朝方に発表した2月の雇用統計は、景気動向を反映する非農業部門の就業者数が季節調整済みで前月比31万3000人増となり、2016年7月以来1年7カ月ぶりの高水準となった。また、失業率も4.1%と2000年12月以来の低水準を5カ月連続で維持した。この堅調な統計を受け、一時はドル買いが加速し、円は107円台前半まで下落。ただ、物価上昇の先行指標として注目される平均時給が前月比0.1%上昇と、市場予想(ロイター通信調べ)の0.2%上昇を下回ったため、その後は106円台後半に戻している。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.2290〜2300ドル(前日午後5時は1.2306〜2316ドル)、対円では同131円35〜45銭(同130円68〜78銭)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!