TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔東京外為〕ドル、106円台半ば=材料難で小動き(14日午後5時)

     14日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、材料に乏しく、終盤にかけて1ドル=106円台半ばで小動きとなった。午後5時現在、106円59〜60銭と前日(106円96〜97銭)比37銭のドル安・円高。
 ドル円は早朝、106円40〜50銭を中心に推移した後、仲値公示に向けては国内輸入企業の買いで106円70銭台まで上昇。その後は、日経平均株価の一段安などを受け、徐々に106円40銭近辺まで押し戻された。午後は材料難の中、106円40〜55銭でもみ合った。
 トランプ米大統領によるティラーソン国務長官解任や中国に対する巨額関税検討との報道を受けて「ドルを買いにくい状況」(為替仲介業者)が続いた。一方で森友問題での進展も見られず「106円を割り込む材料にも乏しかった」(国内証券)という。
 市場では14日夜に発表される米小売売上高や卸売物価指数のほか、ペンシルベニア州下院補欠選挙の結果を見極めたいとの姿勢も強い。
 ユーロは対円で小幅高、対ドルは堅調。午後5時現在、1ユーロ=132円04〜05銭(前日午後5時、131円78〜78銭)、対ドルでは1ユーロ=1.2388〜2389ドル(同1.2319〜2319ドル)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!