TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔ロンドン外為〕円上昇、105円台後半(16日正午)

     【ロンドン時事】週末16日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、日米政治の混迷などを警戒したリスク回避の買いに支えられ、1ドル=105円台後半に上昇している。正午現在は105円60〜70銭と、前日午後4時(106円00〜10銭)比40銭の円高・ドル安。
 この日の東京時間にはトランプ米政権の迷走や学校法人「森友学園」の問題をめぐる日本の安倍政権の苦境、米中の「貿易戦争」激化の懸念などが意識され、相対的に「安全資産」とされる円を買う動きが強まった。さらに夕刻にはまとまった買いが断続的に入り、円は105円60銭台付近に上昇してロンドン市場に入った。
 ロンドン序盤は戻り売りで105円80銭近辺に押し返される場面もあったが、薄商いの中でおおむね強含み気味に推移し、じりじりと上げ幅を広げている。欧州主要国の株価指数は小じっかりで推移しているものの、リスク回避のムードが優勢だ。市場の目は、午後に開く米市場の株価動向や米鉱工業生産などの指標に集まっている。
 欧州通貨も対ドルで買われ、小じっかりで推移している。ユーロの対ドル相場は正午現在1ユーロ=1.2325〜2335ドル(前日午後4時は1.2315〜2325ドル)。ただ、対円では対ドルの円買いにつられ、同130円20〜30銭(130円60〜70銭)に下げている。
 ポンドは1ポンド=1.3965〜3975ドル(1.3940〜3950ドル)と小幅高。スイス・フランは1ドル=0.9490〜9500フラン(0.9500〜9510フラン)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!