TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔ロンドン外為〕円、104円台後半(23日)

     【ロンドン時事】週末23日のロンドン外国為替市場では、トランプ米大統領が仕掛けた「貿易戦争」への警戒感からリスク回避の動きが広がり、ドルが売られた。安全資産とされる円は1ドル=104円台後半に上伸。午後4時現在は104円80〜90銭と、前日同時刻(105円30〜40銭)比50銭の円高・ドル安。
 この日の円は海外市場の流れを引き継ぎ、朝方に104円80〜90銭台で取引された。午前10時ごろから米長期金利が上昇、これを眺めてドルに買い戻しが入ると、円相場はジリジリと上げ幅を削り、午後になって一時105円29銭まで売られた。
 しかしその後、駐米中国大使が対米報復として米国債の購入規模を見直す可能性を排除しないことを示唆したとの一部報道が伝わったこともあり、米株価や米金利が下落。再びドル売り優勢となった結果、円は朝方の水準を回復した。
 英CMCマーケッツのデービッド・マッデン氏は「(米国による対中制裁への報復として)中国が米国からの輸入品に関税を課すことを検討しており、トレーダーらは貿易戦争が始まるのではないかと神経をとがらせている」と指摘した。
 ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.2355〜2365ドル(1.2305〜2315ドル)。対円では同129円50〜60銭(129円60〜70銭)。これに先立つオセアニア時間には一時128円97銭近辺と、昨年8月以来7カ月ぶりの安値圏まで値を下げていた。
 ポンドは1ポンド=1.4145〜4155ドル(1.4095〜4105ドル)。スイス・フランは1ドル=0.9460〜9470フラン(0.9485〜9495フラン)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!