TOP>マーケットニュース

Cx dot

みんなのコモディティは金や原油、コメなどの相場価格やチャートなど参考になる情報が満載!金やコモディティに関連するニュースやセミナー情報をチェックしよう。

マーケット情報

◎〔米株式〕NYダウ、大幅反発=一時510ドル超の上げ(26日午前)

     【ニューヨーク時事】週明け26日午前のニューヨーク株式相場は、米国と中国が「貿易戦争」回避に向けて歩み寄るとの期待が浮上する中、大幅反発している。優良株で構成するダウ工業株30種平均は寄り付き後間もなく、前週末終値比で一時510ドル余り上伸した。午前9時55分現在は、前週末終値比485.75ドル高の2万4018.95ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は同139.80ポイント高の7132.47。
 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は25日、米中は通商問題の解決に向けて水面下で協議を開始したと報道。これを受け、貿易摩擦激化への過度の懸念が後退している。同紙が関係筋の話として伝えたところによると、ムニューシン米財務長官とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は先週末、中国の劉鶴副首相に書簡を送り、中国の対米黒字削減に向け、米国製自動車に対する関税の引き下げや米国製半導体の購入拡大など、具体的な要求を提示。ムニューシン氏は通商問題の交渉を推進するため中国訪問も検討しているという。この報道を受けて、米中の「貿易戦争」が回避されるのではないかとの期待が広がっており、先週末にかけて大幅に悪化した投資家心理がこの日は改善している。
 個別銘柄では、米金融大手による株価目標引き上げをはやして、マイクロソフトが6.0%高と急伸している。また、インテルも投資判断の引き上げを好感した買いが入って3.6%高。この2銘柄がダウ全体の上げをけん引しており、ダウ平均30種銘柄はすべてプラス圏で推移している。一方、個人情報の流出・不正利用問題に揺れるフェイスブックは1.7%安とマイナス圏に沈んでいる。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!