TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔東京貴金属〕金、NY高受け4日ぶり反発=白金は期近高の期先安(2日)

     金は4営業日ぶりに反発。終値は、中心限月2019年2月先ぎりが前週末比4円高の4534円、6月きりが9円安、ほかが5〜15円高。日中立ち会いは、ニューヨーク金先物相場と為替がともに動意を欠く中、まちまちに始まった。その後、NY相場の堅調推移を映し、水準を切り上げたが、買い一巡後は伸び悩んだ。ゴールドスポットの終値は13円高の4538円。
 銀は軟調。終値は90銭安〜変わらず。6、10月きりは出合いがなかった。
 白金は期近高の期先安。方向感を欠いて始まった後、引き締まる場面もあったが、引けにかけてNY相場の軟化を眺め、期先がマイナス圏に沈んだ。終値は、先ぎりが1円安の3217円、ほかが4円安〜9円高。プラチナスポットは6円高の3222円。パラジウムの終値は36〜150円安。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!