TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔NY債券〕長期金利、小幅低下=10年債は2.73%(2日)

     【ニューヨーク時事】連休明け2日のニューヨーク金融・債券市場では、調整的な債券売りが先行した後、米株相場が下げ幅を拡大する中で買い戻され、長期金利は小幅低下した。長期金利の指標である10年物米国債利回りは前営業日引け水準比0.01%ポイント低下の2.73%。
 30年債利回りは横ばいの2.97%。2年債利回りは0.02%ポイント低下の2.25%、3カ月物TB(財務省証券)利回りは0.0102%ポイント上昇の1.7230%だった。
 前営業日(29日)に10年債利回りが約2カ月ぶりの低水準を付けた反動からこの日朝方は調整的な債券売りが先行した。しかし、その後は米中間の貿易摩擦激化に対する懸念などを背景に米株相場が昼前から下げ幅を拡大したため、投資家のリスク回避姿勢が強まり、安全資産とされる債券を買う動きが優勢となった。
 ただ、週末6日に米雇用統計の発表やパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演を控えて様子見ムードも広がったため、利回りの低下幅も抑えられた。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!