TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔NY金市況・詳報〕金現物、軟調=ドル高が圧迫(3日)

     【ニューヨーク、ロンドン・ロイターES=時事】3日の金現物相場は軟調。米株式市場が安定し、一段安への懸念が和らぐ中、ドル高に圧迫された。
 金相場は2日、上昇した。世界的な貿易戦争の懸念から米株市場が下落する一方、投資家は金など安全資産へ買いを入れた。
 金現物は米東部時間午後1時35分(1735GMT)時点で、0.6%安の1オンス=1333.09ドル。米先物6月きりの清算値は9.60ドル(0.7%)安の1337.30ドル。
 フォレックス・ドット・コムのアナリスト、ファワド・ラザクザダ氏は「株式市場でわずかに地合いが強くなっただけではなく、ドルが対ユーロと対円の双方に対し、反発した」と述べた。その上で「今週、ドルは上昇するだろう。6日発表の米雇用統計が大きなリスクイベントだ。ドルが安定すれば、金相場は一段と圧迫される可能性がある」と話した。
 金相場は年初から1300〜1360ドルのレンジを抜け出せないでいる。ダンスケ銀行のアナリスト、イェンス・ペダーセン氏は「このレンジを脱するには、大きなきっかけが必要だ」と語った。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!