TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔ロンドン金属〕銅、続伸=中国PMI好感(3日)☆1

     ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで71.50ドル高の6755.50ドル、3カ月物は73.00ドル高の6792.50ドル。カーブ取引終値は82.00ドル高の6796.00ドルだった。
 イースター連休明けの非鉄相場はおおむね堅調。米中の貿易摩擦激化が投資家心理を圧迫したが、3月末に中国当局が公表した製造業購買担当者景況指数(PMI)が底堅い内容だったことが好感され、着実に買いが入った。銅とニッケル、スズが続伸し、アルミは反発。一方、鉛は5営業日ぶりに反落し、亜鉛も反落した。
 CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マッデン氏は「銅は今のところ200日移動平均線上にあり、多くの投資家がここから上下どちらに動くのか注視している。今年3月と昨年12月に付けた安値を下に抜ければ相場が再び崩れ始める大きなサインとなり得る」と指摘した。
 ▽アルミ=直物は12.25ドル高の2009.00ドル、3カ月物は12.75ドル高の2026.50ドル。カーブ取引終値は27.00ドル安の1978.00ドルだった。
 ▽ニッケル=直物は315.00ドル高の1万3557.50ドル、3カ月物は305.00ドル高の1万3595.00ドル。カーブ取引終値は175.00ドル高の1万3475.00ドルだった。(CN82に続く)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!