TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔マレーシア・パーム油〕反発=在庫減見通し(4日)

     4日のマレーシア市場のパーム油相場は反発した。来週発表されるパーム油統計で、3月末時点の在庫が減少するとの予想が背景。
 6月きりの清算値は0.7%高の1トン=2454リンギ。
 シカゴ商品取引所(CBOT)の大豆油相場安に追随し、パーム油は午後の取引で一時2%超下げ、2383リンギと3週間ぶり安値を付けた。
 中国が4日午後、大豆を含む米製品106品目に対して25%の追加関税を課すと発表したことを受けて、大豆と大豆油は値を下げた。
 クアラルンプールの先物トレーダーは「パーム油は中国の発表を受けて当初は値を下げたが、パーム油にとっては、中国の関税措置は好都合となる可能性があるとの見方から相場は反転した」と指摘した。
 別のトレーダーは、マレーシア・パーム油委員会(MPOB)のパーム油統計の発表を10日に控え、レンジ内の取引にとどまる可能性があると予想した。(ロイターES時事)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!