TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔NY金〕小反発(4日)

     【ニューヨーク時事】4日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、米中間の貿易摩擦激化に対する懸念の強まりを背景に買いが先行し、小幅に反発した。中心限月6月物の清算値は、前日比2.90ドル(0.22%)高の1オンス=1340.20ドル。
 トランプ米政権は3日、中国の知的財産権侵害に対抗する貿易制裁の対象となる輸入品目の原案を公開。これに対し、中国政府も4日に米国から輸入する合計106品目に25%の関税を上乗せすると発表した。世界第1、2位の経済大国による「貿易戦争」への懸念が一段と高まる中、未明から安全資産としての金買いが活発化。相場は朝方に一時1352.50ドルまで上昇した。また、ドルが対ユーロで弱含み、ドル建てで取引される金塊に割安感が生じたことも金塊を押し上げる材料となった。
 ただ、大幅下落して始まった米株相場が徐々に下げ幅を縮小する中、金の需要は徐々に減退し、昼ごろにかけて金は大きく上値を削った。
 金塊現物相場は午後1時35分現在、2.565ドル高の1336.025ドル。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!