TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔シカゴ大豆〕反発=押し目買い、貿易戦争懸念が後退(5日)

     反発。押し目買いに加え、中国との貿易戦争懸念の後退が相場を押し上げた。
 投資家らは、中国が米国産大豆などの農産物に報復関税を課すことを避けるために、米中両国が協議を行う可能性があると期待している。
 5日の大豆相場は上昇したが、4日の広いレンジ内で推移。中国がトランプ政権による貿易制裁への報復措置として、関税を上乗せすることを4日発表した後、大豆相場は一時、5%下落した。
 5月きりの清算値は16.00セント高の1031.25セント。
 ブエノスアイレス穀物取引所は5日、アルゼンチンの2017〜18年シーズンの大豆収穫量予想を3800万トンと発表した。従来予想の3950万トンから引き下げた。(ロイターES時事)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!