TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔ロンドン外為〕円、107円台半ば(5日)

     【ロンドン時事】5日のロンドン外国為替市場では、投資家のリスク回避が後退する中をドル買いが優勢となり、円相場は2月下旬以来約1カ月ぶりに1ドル=107円台半ばに下落した。午後4時現在は107円40〜50銭と、前日同時刻(106円50〜60銭)比90銭の円安・ドル高。
 米中の貿易摩擦に対する市場の警戒感が和らぎ、安全資産とされる円の訴求力が低下した。午前のロンドン市場では新規の売り買い材料を欠く中、円は107円近辺でこう着状態が続いたが、午後に入ると米長期金利の上昇や米株高を眺めてドル買いが強まり、107円49銭まで売られた。
 ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.2225〜2235ドル(1.2295〜2305ドル)と、3月上旬以来約1カ月ぶりの安値圏。対円では同131円35〜45銭(131円00〜10銭)。
 ポンドもドル高を背景に1ポンド=1.3995〜4005ドル(1.4080〜4090ドル)。一時1.3988ドルと約2週間ぶり安値を付けた。この日発表された3月の英サービス業PMIは51.7と前月から大きく落ち込み、20カ月ぶりの低水準となった。
 このほか、スイス・フランは1ドル=0.9625〜9635フラン(0.9590〜9600フラン)。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!