TOP>マーケットニュース

マーケット情報

○〔東京株式〕2万2000円目指すシナリオ台無し(6日前場、続き)☆差替

     日経平均株価は上値の重い展開となり、市場関係者は「株高シナリオが台無し」(銀行系証券)と怒り心頭だった。
 米国株式市場は5日、米中貿易問題の交渉による解決が期待され、ダウ工業株30種平均は前日比240ドルを超える値上がりとなった。為替相場も1ドル=107円台半ばをうかがう水準で、リスクオンムードが強まった。このため米国時間を終えた東京市場の早朝段階では、「日経平均が2万2000円を目指す可能性もある」(大手証券)と、市場関係者の間では強気見通しが支配的だった。
 しかし、その雰囲気を一変させたのが、日本時間6日午前8時前に伝わったトランプ米大統領の「新たに1000億ドル規模の中国製品に対する追加制裁関税を検討することを指示した」との発言。これまでは、米政権幹部が相次いで交渉による米中貿易摩擦の解決を言及していただけに、投資家心理を冷え込ますには十分な材料となった。
 米中貿易摩擦の激化懸念が再燃する中、6日は米国で3月雇用統計の発表を控え、後場も投資意欲の回復は期待薄。株高シナリオが崩れたことで、市場関係者は「殿、ご乱心」(前出の銀行系証券)と恨めしげだった。(了)
[時事通信社]

    

みんなのコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!