TOP>マーケットニュース

マーケット情報

○〔東京株式〕小動き=関心は個別銘柄に(1日前場)☆差替

     【第1部】日経平均株価は前営業日比11円41銭高の2万2479円28銭、東証株価指数(TOPIX)は3.51ポイント安の1773.72と、ともに前週末の終値近辺での小動き。決算発表の本格化を受けて、投資家の関心は個別銘柄に向かい、日経平均は方向感の定まらない値動きだった。
 38%の銘柄が値上がりし、値下がりは57%。出来高は9億3316万株、売買代金が1兆4736億円。
 業種別株価指数(33業種)は、鉱業、電気・ガス業、鉄鋼の上昇が目立ち、下落は、銀行業、ガラス・土石製品、空運業など。
 個別銘柄では、石油資源が値を上げ、東電力HDや神戸鋼はしっかり。任天堂が高く、ソフトバンクGは上伸し、マネックスGが大幅高。日立が買われ、村田製、ファナックは堅調。スタートトゥが値を飛ばした。半面、三菱UFJ、みずほFGが安く、TOTOは急落。JAL、ANAがさえない。ソニー、三菱電が下押し、ヤフーの下げがきつい。武田が甘く、花王は売り物がち。
 【第2部】反発。東亜石、セーラーが急伸し、アサヒインテックはしっかり。半面、INSPEC、クレアHDが売られた。出来高5020万株。
 【外国株】堅調。出来高124万1000株。(続)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!