TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔NY金〕反落(30日)

     【ニューヨーク時事】週明け30日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、対ユーロでのドル高を背景に売りが先行し、反落した。中心限月6月物の清算値は前週末比4.20ドル(0.32%)安の1オンス=1319.20ドル。
 外国為替市場では対ユーロでドル高が先行。ドル建てで取引される金塊などの商品の割高感につながり、金相場を圧迫した。また、韓国と北朝鮮は前週末、朝鮮半島の完全な非核化を目指し、朝鮮戦争の終戦を年内に宣言することで合意。これを受けて、北朝鮮をめぐる地政学的リスクに対する警戒感が和らぎ、安全資産とされる金は売りに押された。
 米商務省がこの日朝方に発表した3月の個人消費支出(PCE)物価指数は前年同月比2.0%上昇と、昨年2月以来1年1カ月ぶりに連邦準備制度理事会(FRB)が物価安定目標としている2%に達した。ただ、食料品とエネルギーを除いたコア指数が市場予想と並んだことから、相場はほとんど反応しなかった。
 金塊現物相場は午後1時46分現在、4.920ドル安の1317.790ドル。(了)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!