TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔東京外為〕ドル、109円台後半=利食い売りなどで伸び悩む(2日正午)

     2日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、利食い売りなどから1ドル=109円台後半で伸び悩んでいる。正午現在、109円69〜69銭と前日(午後5時、109円46〜47銭)比23銭のドル高・円安。
 ドル円は朝方から109円80銭前後で推移していたが、日経平均株価がマイナスに転じたことなどから「利益確定のドル売りが出た」(先の銀行系証券)という。また、「4連休を控えて、投機筋とみられるドル売りも散見されているようだ」(大手証券)という。
 ただ、FOMCの結果発表を日本時間のあす未明に控え、市場では「今回のFOMC声明文で強気の景気見通しが示されれば、利上げペースの加速が意識され、ドル買い・円売りが加速する可能性がある」(FX会社)とされ、ドル売りも限定的となっている。
 ユーロは対円で小動き、対ドルで強含み。正午現在、1ユーロ=131円73〜74銭(前日午後5時、132円03〜05銭)、対ドルでは1.2006〜2006ドル(同1.2057〜2058ドル)。(了)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!