TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔ロンドン金〕3日ぶり小反発(2日)

     【ロンドン時事】2日のロンドン自由金市場はドル相場を眺めて上下し、金塊相場は前日比2.365ドル高の1オンス=1306.41ドルと、3営業日ぶりに小反発して引けた。
 この日の金塊は、オーバーナイトでドルが下落したことを好感して高寄り後、ドルの買い戻しに伴って後退。一時1303ドル台に値を消す場面もあったが、引け際にドルがやや売り戻されると、金塊も辛うじて切り返した。
 英CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は「金塊相場はレンジの下限、200日移動平均の少し上方で推移しており、この近辺では買い支えが入っているようだ。当面は1300〜1350ドルの範囲で取引されると思われる」と話した。
 寄りつきは1308.72ドル。午前の値決めは1310.75ドルだった。(了)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!