TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔LDN・NYコーヒー〕アラビカ種、反発=ロブスタ種も高い(3日)

     ニューヨーク市場のアラビカ種7月きりは反発し、清算値は前日比0.60セント(0.5%)高の1ポンド=124.35セントとなった。相場は前日に付けた2月以来の高値125.95セントを引き続き下回った。
 トレーダーらは、先物とオプションで大口のネットのショート・ポジションを保有していた思惑筋のショートカバーにより、同限月は2週連続で上昇する見込みだと述べた。
 しかし、ブラジル通貨レアルの最近の下落を背景に、同国の生産者筋が大量の作柄を見込んでヘッジに動き始めるとの期待が上値を抑えた。レアル安によって、現地通貨建てでの同国生産者筋の収益は改善する。あるディーラーは「レアルが下落すればするほど、ブラジルの市場参加者にとっては望ましい。このため、ブラジルの市場参加者はヘッジを仕掛けると予想している。同時に、ファンド筋は自身のショート・ポジションを守る可能性も高いため、一段高は予想していない」と述べた。
 一方、ロンドン市場のロブスタ種7月きりも反発、清算値は前日比24ドル(1.3%)高の1トン=1831ドルとなった。
 5月きりの7月きりに対するスプレッドは前週の33ドルのディスカウントから小幅なプレミアムに一時的に転じたが、結局は横ばいとなった。(ロイターES時事)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!