TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔ロンドン外為〕円、109円近辺(3日)

     【ロンドン時事】3日のロンドン外国為替市場では、米長期金利の低下や株安を眺めて投資家のリスク選好が後退し、このところ買われていたドルに売り戻しが出た。円相場は1ドル=109円近辺に急伸。午後4時現在は109円00〜10銭と、前日同時刻(109円95銭〜110円05銭)比95銭の円高・ドル安で取引された。
 円は朝方、109円60〜70銭台で取引された。その後、米長期金利の低下を眺めてドル売り優勢となると、円は同30銭台に水準を切り上げた。午後に入って発表された米ISM非製造業景況指数が市場予想を下回ると、米金利は一段と低下。ドル売りも強まり、円は109円03銭まで買われた。ただ、商いは閑散としていた。
 円は主要通貨に対して総じて値を上げた。ただ、4日に発表される米雇用統計を控えたポジション調整の面もあったようだ。
 ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.1945〜1955ドル(1.1950〜1960ドル)。オーバーナイトで反発したが、ユーロ圏の消費者物価指数が予想を下回ったことなどを背景に値を消した。対円では同130円30〜40銭(131円45〜55銭)と1カ月ぶり安値圏。
 ポンドは1ポンド=1.3535〜3545ドル(1.3595〜3605ドル)。この日発表された4月の英サービス業PMIが52.8と予想を下回ったほか、メイ英首相が欧州連合(EU)離脱交渉をめぐって主要閣僚にEUとの関税協力を提案したものの、支持を得られなかったという報道が圧迫要因となった。対円でも1カ月余ぶり安値圏の同147円台後半に下落した。
 このほか、スイス・フランは1ドル=0.9985〜9995フラン(0.9980〜9990フラン)。(了)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!