TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔週間見通し〕NY金、1280〜1320ドルでもみ合い=サンワード貿易・陳氏

     陳晁熙・サンワード貿易チーフアナリスト=来週のニューヨーク金先物相場はもみ合いが続きそうだ。強弱両材料の綱引きで決め手を欠くことから、方向感が出にくいだろう。中心限月の想定レンジは1オンス=1280〜1320ドル。
 イタリアで連立政権が成立する見通しとなり、同国の政治混乱への過度な警戒感が後退した。ただ、政権運営などに関して懸念が残るほか、スペインの政治情勢も不透明感があり、金相場にはリスク回避の買いが入りやすい。
 トランプ米政権が欧州連合(EU)やカナダ、メキシコから輸入する鉄鋼・アルミニウムに追加関税を発動すると発表した。EUや各国は対抗措置を導入するとみられ、貿易摩擦激化への懸念が下支え要因となっている。
 一方、欧州の政治リスクがユーロ売り・ドル買いにつながれば、ドル建てのNY金相場の重しとなる。米国が緩やかな利上げを続けていることも、上値を抑制する可能性がある。同国の今後の利上げペースを見極める上で、1日発表の米雇用統計が注目される。(了)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!