TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔シカゴ大豆〕続落=テクニカルな売り、貿易摩擦懸念で(31日)

     続落。テクニカルな売りに加え、貿易摩擦が米国産大豆の輸出需要を抑制する可能性があるとの懸念が地合いを圧迫した。
 7月きりの清算値は4.50セント安の1018.50セント。
 月間ベースでは約3%安と、3カ月連続の下落。
 米国は31日、鉄鋼・アルミニウムの輸入制限で、これまで適用を猶予してきたカナダやメキシコ、欧州連合(EU)に追加関税を導入すると発表した。貿易戦争への懸念が再燃し、大豆相場は下げに転じた。
 ロス米商務長官が世界最大の大豆輸入国である中国への訪問を数日後に控えている。ロス氏は中国との間で、米国産品輸入拡大の具体的な数値の約束取り付けに努める見込みだ。
 米農務省が6月1日発表する大豆の週間輸出成約高について、アナリストは65万〜135万トンと予想している。(ロイターES時事)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!