TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔NY金〕小幅安(31日)

     【ニューヨーク時事】31日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、売り買いが交錯した後、小幅安となった。中心限月8月物の清算値は前日比1.80ドル(0.14%)安の1オンス=1304.70ドル。
 イタリアなどの政局不安がひとまず一服。一方、朝方に発表された4月の米個人消費支出(PCE)とPCE物価指数の統計が連邦準備制度理事会(FRB)による6月の利上げを後押しする内容だったことから、金利を生まない資産である金には圧迫材料となり、相場は朝方に一時1302.40ドルまで下落した。
 ただ、トランプ米政権はこの日午前、3月下旬に発動した鉄鋼とアルミニウムの輸入制限について、一時的に適用を除外していた欧州連合(EU)、カナダ、メキシコに対する追加関税の発動を6月1日以降に実施すると発表。これを受けて、世界的な貿易摩擦に対する懸念が再燃したことから、一時プラス圏に浮上する場面もあった。
 金塊現物相場は午後1時41分現在、1.280ドル安の1300.820ドル。(了)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!