TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔ロンドン金〕4日ぶり反発(31日)

     【ロンドン時事】31日のロンドン自由金市場は、世界的な貿易摩擦の激化をめぐる懸念から逃避資金が流入し、4営業日ぶりに反発した。金塊相場は前日比2.245ドル高の1オンス=1304.08ドルで引けた。
 この日の金塊は1298〜1306ドルのレンジでもみ合った。英CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マッデン氏は「金塊はジリ高で、地合いは上向いているが、200日移動平均線が1307ドル付近にかかって(いて、抵抗線になって)いるようだ。今月中旬に大きく売り込まれた後、金塊は上昇を続けるのが難しくなっている。ただ、トランプ(政権)の関税措置は支援材料になる可能性がある」と指摘した。
 金塊の寄りつきは1303.395ドル。午前の値決めは1303.50ドルだった。(了)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!