TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔金利・債券市況〕先物、軟調=新発10年物は出合いなし(4日朝)

     債券先物は軟調。長期国債先物の中心限月2018年6月物は前週末比03銭安の150円82銭で寄り付き、その後もマイナス圏で小動きしている。利回りが長期金利の指標となる新発350回債は出合いが見られない。
 前週末、良好な米雇用統計を受けて米長期金利は上昇。東京市場もこうした流れを引き継ぎ、債券は売りが先行し、その後も軟調となっている。1日に日銀が5〜10年ゾーンの国債買い入れ規模を減額したことで、「再減額への警戒感があり、買いづらい」(国内証券)状況という。日銀は4日、1〜5年、10年超ゾーンの国債買い入れオペを予定しており、午前10時10分に公表される買い入れオファー額に注目が集まっている。
 10年債入札が5日に控えていることも重しになっているとの声も聞かれた。
 短期金融市場では、日銀が朝方の即日オペを見送った。これにより、当日の当座預金残高は、前営業日比4兆5100億円減の376兆4600億円程度の見込み。
 無担保コール翌日物は「マイナス0.086〜マイナス0.045%を中心とした出合い」(短資会社)となっている。(了)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!