TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔米株式〕NYダウ、ナスダックとも続伸(4日午前)

     【ニューヨーク時事】週明け4日午前のニューヨーク株式相場は、前週末に発表された米雇用統計が良好な内容だったことを受けて追随買いが入り、続伸している。午前10時10分現在は優良株で構成するダウ工業株30種平均が前週末終値比181.96ドル高の2万4817.17ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数が11.65ポイント高の7565.98。
 米労働省が1日に発表した5月の雇用統計では、景気動向を反映する非農業部門就業者数の伸びが前月から加速。失業率も18年1カ月ぶりの低水準に改善し、景気の先行きに対する楽観的な見方がこの日も株価の押し上げ材料となっている。
 一方、市場は週末から週明けにかけて行われた米国と主要国・地域との間の通商問題に関する協議の結果に注目。カナダで開かれた先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議では、米国が発動した鉄鋼・アルミニウム輸入制限に対する批判が集中したほか、北京での対中貿易交渉でも具体的進展があったとされるものの、中国政府は引き続き制裁撤回を強く求めており、世界的な「貿易戦争」に発展しかねないとの懸念は払しょくされていない。
 個別銘柄を見ると、がん免疫薬「キイトルーダ」が特定タイプの肺がん治療に効果があったとする最新の統計を受け、メルクが2.4%前後上伸し、ダウ平均をけん引。これに、ウォルマート(約1.4%高)、ボーイング(約1.4%高)が続いている。(了)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!