TOP>マーケットニュース

マーケット情報

○〔米株式〕NYダウ、続伸=手掛かり乏しい(4日)☆差替

     【ニューヨーク時事】週明け4日のニューヨーク株式相場は、前週末からの株高の流れを引き継ぎ続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前週末終値比178.48ドル高の2万4813.69ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は同52.13ポイント高の7606.46と、3月12日以来約3カ月ぶりに史上最高値を更新して引けた。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前週末比952万株増の8億8189万株。
 この日のダウは高寄りして開始。新たな手掛かりは乏しかったものの、前週末1日に堅調な米雇用統計やイタリア新政権の発足を受けて上向いた投資家のリスク選好意欲が継続した。
 また、ソフトウエア開発プラットホームを手掛ける新興企業「ギットハブ」の買収を発表したマイクロソフトや、ブラジル事業の大半の売却で投資会社と合意したウォルマートなどへの物色買いも相場を支えた。
 一方で、米国の保護主義的な通商政策に対する懸念がくすぶり、上値は重かった。米政府が前週発表した鉄鋼・アルミニウムの輸入制限の適用拡大や米中貿易摩擦の問題は好転の兆しが見えず、投資家の間では、世界的な「貿易戦争」に突入しかねないとの警戒感が広がっている。
 市場関係者からは「相場はレンジ内の動きにとどまっている。今後は通商問題で踏み込んだ話が出てくるかに注目が集まるだろう」(日系証券)との声が聞かれた。
 個別銘柄(暫定値)は、マイクロソフトが0.9%高、ウォルマートが2.9%高、アップルが0.8%高、エヌビディアが2.8%高、ボーイングが1.1%高、ホーム・デポが2.1%高、ターゲットが4.9%高。シェブロンは1.3%安、エクソンモービルは1.1%安、エクスペディア・グループは1.0%安、メットライフは0.7%安。(了)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!