TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔シカゴ大豆〕小幅続落=貿易摩擦が重しに(2日)

     小幅続落。最大の輸入国である中国との貿易摩擦激化が輸出の減少を招き、米国の在庫増につながるとの懸念が相場を圧迫した。
 8月きりの清算値は10.00セント安の853.50セント。新穀11月きりは10.50セント安の869.50セント。アクティブ系ファンドの売りが相場の重しになった。
 米中の貿易摩擦は交渉による解決の兆しが見えない状態だ。中国は米国の制裁関税に対する報復措置として、7月6日から大豆を含む500品目を超す米製品に25%の関税を上乗せすると発表している。
 また、米中西部の穀倉地帯で雨が十分に降っていることが今年の収穫量増加の観測につながり、相場を圧迫している。(ロイター時事)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!