TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔ロンドン外為〕円、110円台後半(3日正午)

     【ロンドン時事】3日午前のロンドン外国為替市場では、実需筋のドル買いに支えられ、円相場は1ドル=111円を挟んだ水準で推移した。正午現在は110円80〜90銭と、前日午後4時(110円70〜80銭)に比べ10銭の円安・ドル高。
 円は対ドルで小幅安。実需筋のドル買いに加え、ドイツの政治不安後退や米経済の好調ぶりを手掛かりとした投資家のリスク選好姿勢で、安全資産とされる円は売りが先行した。ただ、4日の独立記念日の米国市場休場、6日の米雇用統計を控え、「持ち高調整の売買が多い」(邦銀筋)こともあり、円は朝安後には下げ渋った。
 ユーロは対ドル、対円で堅調。難民問題をめぐるドイツのメルケル政権内の対立がひとまず解消し、政治不安が後退したことで、ユーロを買い戻す動きが強まった。ユーロの対ドル相場は正午現在1ユーロ=1.1645〜1655ドル(前日午後4時は1.1600〜1610ドル)。対円では同129円10〜20銭(128円45〜55銭)で65銭の円安・ユーロ高。
 ポンドは1ポンド=1.3180〜3190ドル(1.3120〜3130ドル)。スイス・フランは1ドル=0.9930〜9940フラン(0.9945〜9955フラン)。(了)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!