TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔シカゴ・トウモロコシ〕反発=米産地の天気を懸念(3日)

     反発。米産地の天気をめぐる懸念が支援材料だったほか、安値拾いの買いが入った。
 清算値は9月きりが5.00セント高の352.00セント、新穀12月きりが5.25セント高の364.25セント。
 受粉期のコーンベルトにおける高温の天気をめぐる懸念を受け、相場が下支えられた。また、最近の大雨を理由にミネソタ州南部とアイオワ州北部の生育見通しが悪化している。
 2日に発表された米農務省のクロップ・プログレスによると、米トウモロコシの「優」「良」の占める割合は76%と、前週の77%を下回り、作柄状況は市場予想に沿った水準になった。
 4日は独立記念日の祝日のため休場になる。(ロイター時事)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!