TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔金利・債券市況〕先物、小反発=長期金利は出合いなし(4日朝)

     債券先物は小幅反発。長期国債先物の中心限月2018年9月物は前日比04銭高の150円95銭で寄り付き、その後もしっかりしている。長期金利の指標となる新発10年物国債351回債利回りは出合いがみられない。
 前日の米国市場では、長期金利が低下した。米中貿易摩擦への懸念が払拭(ふっしょく)されない中で、安全資産とされる債券は底堅く推移した。東京市場でもこの流れを受けて先物買いが先行して始まった。日経平均株価が下落していることも先物高の支援材料になっている。
 この日は、日銀の国債買い入れオペが予定されている。市場では「前日に10年物国債の入札を無事に通過したあとだけに、長期債を中心に減額される可能性は低いのではないか」(運用会社)との見方をしている。
 短期金融市場では、日銀が朝方の即日オペを見送った。これにより、4日の当座預金残高は前日比4兆8100億円減の387兆4200億円程度となる見込み。
 無担保コール翌日物は「マイナス0.085〜マイナス0.050%を中心とした出合い」(短資会社)となっている。(了)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!