TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔国際金属展望〕トランプ氏相場続く(10日)

     ▽銅=直物は週間ベースで46.75安、3カ月物が36.50ドル安とともに2週続落。
 今週もトランプ米大統領に振り回される相場は相変わらずだった。ロシアに対する制裁強化やトルコへの鉄鋼・アルミ追加関税強化などが手掛かり材料となり、相場は乱高下した。リラ急落に端を発するドル高も、ドル建ての非鉄相場の上値を重くする要因となった。
 来週は、14日の4〜6月期ユーロ圏国内総生産(GDP)改定値など経済指標の発表が多いが、引き続きトランプ氏の言動の方に注目が集まりそうだ。金融市場全体にリスク回避気分が広がっているだけに、神経質な相場が続くとみられる。
 ▽アルミ=直物は23.75ドル高で4週ぶり反発、3カ月物は20.00ドル高で2週ぶり反発。
 ▽ニッケル=直物は507.50ドル高、3カ月物は492.50ドル高で、ともに2週ぶり反発。
 ▽鉛、その他=鉛は直物が43.75ドル安、3カ月物が31.25ドル安で、それぞれ2週続落。
 亜鉛は直物が98.25ドル安、3カ月物が60.00ドル安で、ともに2週ぶり反落。
 スズは直物が307.50ドル安、3カ月物が215.00ドル安で、それぞれ2週続落。(ロンドン時事)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!