TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔ロンドン外為〕円、112円台前半(11日正午)

     【ロンドン時事】11日午前のロンドン外国為替市場では、世界同時株安を受けて投資家のリスク回避姿勢が強まり、安全資産とされる円が買われ、円相場は1ドル=112円台前半で推移した。正午現在は112円20〜30銭と、前日午後4時(112円65〜75銭)に比べ45銭の円高・ドル安。
 円は9月下旬以来の高値水準まで買い戻された。米国株の急落に端を発した世界的な株安の連鎖で、リスク回避気分が強まった。市場関係者からは「そもそも今月前半に114円台までするすると進んだのが不思議だったが、その分をあっさり打ち消した」(邦銀筋)との指摘が出ている。ただ、円買い一巡後はもみ合いで、株価にらみの展開となっている。
 一方、英国の欧州連合(EU)からの離脱交渉の進展期待から、ユーロやポンドは対ドルで底堅い展開。ユーロの対ドル相場は正午現在1ユーロ=1.1570〜1580ドル(前日午後4時は1.1530〜1540ドル)。対円では同129円85〜95銭(129円95銭〜130円05銭)で10銭の円高・ユーロ安。
 ポンドは1ポンド=1.3205〜3215ドル(1.3195〜3205ドル)。スイス・フランは1ドル=0.9870〜9880フラン(0.9895〜9905フラン)。(了)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!