TOP>マーケットニュース

マーケット情報

○〔NY債券〕長期金利、横ばい=10年債利回りは3.24%(8日)

     【ニューヨーク時事】8日のニューヨーク金融・債券市場では、持ち高調整の債券買いが先行したものの、米連邦公開市場委員会(FOMC)声明の発表後は売り戻され、長期金利は横ばいとなった。長期金利の指標である10年物米国債利回り(終盤)は前日比変わらずの3.24%となった。これは引き続き2011年5月初旬以来約7年半ぶりの高水準。30年債利回りも横ばいの3.44%。
 2年債利回りは0.01%ポイント上昇の2.97%。3カ月物TB(財務省証券)利回りは同0.0078%ポイント低下の2.3583%となった。
 この日は昼すぎまでは、FOMC声明の発表を控えてポジション調整の動きが中心だった。債券買いが先行する場面では、10年債利回りは一時3.21%付近まで低下した。
 この日午後に公表されたFOMC声明では、連邦準備制度理事会(FRB)は政策金利の据え置きを決定。12月18、19両日の次回会合で今年4回目の追加利上げに動く可能性を示唆した。ただ、声明内容が前回とおおむね同じだったことから、相場の反応は限定的だった。(了)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!