TOP>マーケットニュース

マーケット情報

○週間海外発表行事予定(10〜17日)

    〔時間はJST〕
■2月■
【10日(日)】
◆米グラミー賞授賞式(ロサンゼルス)
【11日(月)】
◆デギンドスECB副総裁講演(午後5時45分、マドリード)
◆10〜12月期の英GDP(午後6時半、国民統計局)
◆12月の英貿易収支(午後6時半、国民統計局)
◆ボウマン米FRB理事講演(12日午前1時15分、カリフォルニア州サンディエゴ)
◆若田部日銀副総裁が欧州金融フォーラム出席などのためアイルランド・英国出張(15日まで)
◆ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)
◆米国務長官がハンガリー、ポーランド、スロバキア、ベルギー、アイスランド歴訪(15日まで)
◆イラン・イスラム革命から40年
【12日(火)】
◆1月の豪企業景気信頼感(午前9時半、NAB銀)
◆OPEC月報
◆米レッドブック週間小売売上高(午後10時55分)
◆パウエルFRB議長講演(13日午前2時45分、ミシシッピー州イッタベナ)
◆API米週間原油在庫(13日午前6時半)
◆EU財務相会合(ブリュッセル)
◆マレーシアのナジブ前首相の初公判(クアラルンプール)
【13日(水)】
◆NZ中銀が政策金利発表(午前5時)
◆2月の豪消費者信頼感(午前8時半、ウエストパック銀)
◆ラウテンシュレーガーECB専任理事講演(午前8時半、シドニー)
◆IEA石油市場月報(午後6時)
◆1月の英消費者物価(午後6時半、国民統計局)
◆12月のユーロ圏鉱工業生産(午後7時、EU統計局)
◆1月の米消費者物価(午後10時半、労働省)
◆米EIA週間原油在庫(14日午前0時半)
◆12月の米財政収支(財務省)
◆独30年債追加発行入札(連銀)
◆NATO国防相理事会(14日まで、ブリュッセル)
◆中東の平和・安定に関する閣僚級国際会議(14日まで、ワルシャワ)
◆米・コロンビア首脳会談(ワシントン)
◆金正男氏殺害から2年
◆決算=シスコシステムズ
【14日(木)】
◆1月の中国貿易統計(税関総署)
◆10〜12月期の独GDP(午後4時、統計局)
◆10〜12月期のユーロ圏GDP改定値(午後7時、EU統計局)
◆1月の米卸売物価(午後10時半、労働省)
◆12月の米小売売上高(午後10時半、商務省)
◆米週間新規失業保険申請件数(午後10時半、労働省)
◆11月の米企業在庫(15日午前0時、商務省)
◆米EIA週間天然ガス在庫(15日午前0時半)
◆ロシア、トルコ、イラン3カ国首脳会談(ロシア・ソチ)
◆決算=コメルツバンク、クレディスイス、ルノー、CMEグループ、コカ・コーラ、エヌビディア
【15日(金)】
◆1月の中国消費者物価▽卸売物価(午前10時半、国家統計局)
◆1月の欧州新車販売(午後4時、欧州自工会)
◆1月の英小売売上高(午後6時半、国民統計局)
◆12月のユーロ圏対外貿易収支(午後7時、EU統計局)
◆クーレECB専任理事講演(午後10時、ニューヨーク)
◆1月の米小売売上高(午後10時半、商務省)※政府機関閉鎖の影響で発表日変更へ
◆1月の米輸出入物価(午後10時半、労働省)
◆2月のNY州製造業景況指数(午後10時半、NY連銀)
◆1月の米鉱工業生産・設備稼働率(午後11時15分、FRB)
◆2月の米ミシガン大学消費者景況感指数暫定値(16日午前0時)
◆12月の対米証券投資・国際資本統計(財務省)
◆米政府機関閉鎖を解除する暫定予算措置の期限
◆ミュンヘン安全保障会議(17日まで)
◆決算=アリアンツ、ディア、ペプシコ
【16日(土)】
◆ナイジェリア大統領
◆故金正日総書記の誕生日
【17日(日)】
◆特になし
(了)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!