TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔国際金属展望〕米FOMCに関心=EU離脱めぐる議論も(15日)

     ▽銅=直物は週間ベースで11.25ドル高、3カ月物は33.25ドル高と、それぞれ反発した。
 今週の非鉄相場はまちまち。米中貿易協議が進展したとの報道もあったが、相場への影響は限定的だった。英CMCマーケッツのマイケル・ヒューソン氏は「米中貿易協議をめぐるニュースは、それが現実のものになるまでは(相場を動かす)大きな力になっていないと思われる」と話した。
 コメルツバンクも「ここ数日、米中双方で交渉が前進したという報道が見られたが、米側はやるべきことがまだ残っていると強調している(点に注意したい)」と指摘した。
 来週は19、20両日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されるほか、21、22両日の欧州連合(EU)首脳会議で英国のEU離脱をめぐる議論が予定されており、市場の注目を集めそうだ。
 ▽アルミ=直物は20.50ドル高と反発。3カ月物は20.00ドル高と3週ぶりに反発した。
 ▽ニッケル=直物は197.50ドル安、3カ月物は165.00ドル安と、いずれも続落した。
 ▽鉛、その他=鉛は直物が18.50ドル安、3カ月物は16.00ドル安と、それぞれ続落した。
 亜鉛は直物が133.50ドル高、3カ月物は92.50ドル高と、いずれも反発した。
 スズは直物が70.00ドル安、3カ月物は177.50ドル安と、それぞれ続落した。(ロンドン時事)
[時事通信社]

    

みんかぶコモディティ 」ガイド │ の相場価格や関連ニュース、 チャートで世界を見る

  • 金や銀、白金をはじめ東京商品取引所での取扱13銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • コメやとうもろこし、大豆をはじめ、東京商品取引所・大阪堂島商品取引所での取扱6銘柄のチャートが見れるのはここ!
  • 金や原油のマーケット展望やテクニカル分析など投資セミナーの最新情報はここでチェック
  • コモディティニュースやアナリストコメントまで最新のマーケットニュースはここ!