TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔ロンドン外為〕円、107円台後半(11日)

     【ロンドン時事】11日のロンドン外国為替市場では、ボルトン米大統領補佐官の更迭で地政学的緊張の緩和期待が広がり、円相場は1ドル=107円台後半に下落した。午後4時現在は107円70〜80銭と、前日午後4時(107円25〜35銭)に比べ45銭の円安・ドル高。
 対ユーロは、1ユーロ=118円45〜55銭(前日午後4時は118円40〜50銭)で、05銭の円安・ユーロ高。
 トランプ米大統領が対外強硬派のボルトン氏を更迭したことで、地政学的リスクが緩和に向かうとの期待感が広がった。安全資産とされる円は売りが優勢だった。
 ただ、12日の欧州中央銀行(ECB)の定例理事会を控えて様子見気分も強かった。ユーロは対ドルでじり安基調となった。
 来週には米連邦準備制度理事会(FRB)や日銀、英イングランド銀行などの主要中銀の金融政策発表が目白押し。これもあって、持ち高調整の売買が中心となった。
 ユーロの対ドル相場は午後4時現在1ユーロ=1.0995〜1005ドル(1.1035〜1045ドル)。
 ポンドは1ポンド=1.2340〜2350ドル(1.2350〜2360ドル)。
 スイス・フランは1ドル=0.9930〜9940フラン(0.9885〜9895フラン)。(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2019年8月 月間)
Crown 2
白金(標準)
250,467枚
Crown 1
金(標準)
1,194,457枚
Crown 3
プラッツドバイ原油
238,154枚
商品先物相場解説