TOP>マーケットニュース

マーケット情報

◎〔東京エネルギー〕中東産原油、円安受け小反発=電力は出合いなし(10日)

     中東産(ドバイ)原油は総じて小反発。終値は、中心限月2020年3月先ぎりが前日比80円高の3万5960円、12月きりが10円安、ほかは変わらず〜130円高。日中立ち会いは、ニューヨーク原油(WTI)相場が、米中貿易協議への期待後退を背景に下落したのを受け、売りが先行して始まった。その後は、WTIの水準切り上げ、為替相場の円安・ドル高を眺めて切り返し、おおむねプラス圏で引けた。
 石油製品(バージ)も反発。ガソリンが110〜330円高、灯油は110〜170円高。
 中京石油(ローリー)は、11月当ぎりが約定され、ガソリンが変わらず、灯油は300円安。
 電力は、4商品いずれも取引が成立しなかった。(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2019年9月 月間)
Crown 2
白金(標準)
325,667枚
Crown 1
金(標準)
768,894枚
Crown 3
プラッツドバイ原油
240,079枚
商品先物相場解説