TOP>マーケットニュース>◎〔金利・債券市況〕先物、大幅高=長期金利はマイナス0.190%(1日午前)

マーケットニュース

◎〔金利・債券市況〕先物、大幅高=長期金利はマイナス0.190%(1日午前)

     債券先物は大幅高。長期国債先物の中心限月2019年12月物は前日比49銭高の154円44銭で午前の取引を終えた。長期金利の指標となる新発10年物国債356回債利回りは0.045%低下のマイナス0.190%となっている。
 前日の米債券市場は、米中貿易協議に対する不透明感から長期金利は大幅に低下した。東京市場でも先物は買い先行の展開となり、上値を試す地合いとなった。円高や株安も買い安心感を誘った。
 市場では「金融政策に関する日米の会合が終わるなどイベントが通過したことで、様子見だった向きが買いに動きやすくなっている」(国内証券)との声が聞かれた。
 現物利回りは、2年債が0.035%低下のマイナス0.275%、5年債が0.045%低下のマイナス0.310%、20年債が0.035%低下の0.190%、30年債が0.045%低下の0.340%などとなっている。(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2019年11月 月間)
Crown 2
白金(標準)
211,880枚
Crown 1
金(標準)
516,686枚
Crown 3
プラッツドバイ原油
186,930枚
商品先物相場解説