TOP>マーケットニュース>◎〔米株式〕NYダウ、ナスダックとも最高値更新(4日午前)

マーケットニュース

◎〔米株式〕NYダウ、ナスダックとも最高値更新(4日午前)

     【ニューヨーク時事】週明け4日午前のニューヨーク株式相場は、米景気の先行きへの不安が後退する中、続伸している。優良株で構成するダウ工業株30種平均は一時2万7517.58ドルと、取引時間中の史上最高値を約3カ月半ぶりに更新した。午前10時現在は前週末終値比138.13ドル高の2万7485.49ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数も2営業日連続で史上最高値を更新し、同時刻現在は51.81ポイント高の8438.21。
 米労働省が1日発表した10月の雇用統計で、景気動向を示す非農業部門の就業者数が市場予想を大幅に上回る伸びとなり、米景気先行きへの懸念が後退。投資家のリスク選好意欲が回復する中、ダウは買い先行で始まった。
 米中貿易協議の進展期待も引き続き相場の支援要因。ロイター通信によると、中国外務省報道官は4日の定例会見で、習近平国家主席とトランプ米大統領は「さまざまな手段」を通じて継続的に連絡を取り合っていると述べた。米通商代表部(USTR)は1日、ライトハイザーUSTR代表と中国の劉鶴副首相が電話で会談し、「さまざまな分野で進展が見られた」と発表。ロス米商務長官も同日の米メディアとのインタビューで、第1段階の合意は、11月半ばごろに署名されるとの見通しを示した。
 個別銘柄では、シェブロンが3%超高となり、ダウ全体の上げをけん引。中国市場への依存度が比較的高い半導体銘柄も上昇。マイクロン・テクノロジーは2.5%高、エヌビディアとインテルは1.3%高でそれぞれ推移している。一方、マクドナルドは2.2%下落。イースターブルック最高経営責任者(CEO)の解任決定で売られているもよう。(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2019年11月 月間)
Crown 2
白金(標準)
211,880枚
Crown 1
金(標準)
516,686枚
Crown 3
プラッツドバイ原油
186,930枚
商品先物相場解説