TOP>マーケットニュース>◎〔ロンドン外為〕円、109円台前半(5日)

マーケットニュース

◎〔ロンドン外為〕円、109円台前半(5日)

     【ロンドン時事】5日のロンドン外国為替市場では、米中貿易協議の進展期待を背景に円売り・ドル買いが進み、円相場は1ドル=109円台前半に下落した。午後4時現在は109円10〜20銭と、前日午後4時(108円45〜55銭)比65銭の円安・ドル高。
 対ユーロは、1ユーロ=120円80〜90銭(前日午後4時は121円00〜10銭)で、20銭の円高・ユーロ安。
 円の対ドル相場は午後に一段安となった。米中首脳会談に向けて進展期待が継続しているのに加え、午後に発表された10月の米ISM非製造業景況指数が市場予想を上回る内容となったこともドル買い・円売りを後押しした。
 中国人民元が約3カ月ぶりの高値を付け、中国が米国に対してさらなる関税撤廃を求めているという報道もあった。米国株も最高値を更新しており、安全資産とされる円を売る動きにつながった。
 欧州通貨は軟調。ユーロの対ドル相場は午後4時現在1ユーロ=1.1070〜1080ドル(1.1150〜1160ドル)。
 ポンドは英国の総選挙に対して慎重な見方が広がり、売りが優勢。約1週間ぶりの安値となった。1ポンド=1.2860〜2870ドル(1.2915〜2925ドル)。
 スイス・フランも下落。1ドル=0.9915〜9925フラン(0.9860〜9870フラン)。(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2019年10月 月間)
Crown 2
白金(標準)
216,282枚
Crown 1
金(標準)
585,416枚
Crown 3
プラッツドバイ原油
199,051枚
商品先物相場解説