TOP>マーケットニュース>○〔米株式〕NYダウ、連日の最高値更新=米中貿易協議の進展期待で(5日)☆差替

マーケットニュース

○〔米株式〕NYダウ、連日の最高値更新=米中貿易協議の進展期待で(5日)☆差替

     【ニューヨーク時事】5日のニューヨーク株式相場は、米中貿易協議の進展期待を背景に3営業日続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比30.52ドル高の2万7492.63ドルと2日連続で史上最高値を更新して終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数も1.48ポイント高の8434.68と3営業日連続で最高値を塗り替えた。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比4063万株増の10億2790万株。
 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は4日、トランプ米政権が対中制裁関税第4弾の一部撤廃を検討していると報道。9月1日に導入した輸入品約1120億ドル(約12兆円)相当に対する追加関税を軽減するかを協議しているとされ、市場では貿易協議「第1段階」の合意の月内署名に向けた期待感が強まった。
 また、午前に発表された米サプライ管理協会(ISM)の10月非製造業景況指数が市場予想を上回る堅調な結果だったことも相場の安心材料となった。前週末発表の米雇用統計が予想外に好調だったことを受け、米景気の後退局面入りへの不安は大きく後退する中、「米中貿易戦争の悪影響は非製造業に大きく広がっていない」(市場筋)と受け止められた。
 ただ、ダウは前日に約3カ月半ぶりに高値更新したばかりで達成感から利益確定売りも出やすい地合い。5日の相場は終日にわたって上値の重い展開となった。「現在の株価はすでに米景気の底堅さや米中対立の緩和期待をかなり織り込んだ水準にある。一段と買い上げるには新たな材料が必要になるだろう」(大手証券)との指摘が聞かれた。
 個別銘柄(暫定値)では、メーシーズが5.4%高、ブロードコムが3.0%高、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスが2.6%高、ボーイングが2.0%高、マクドナルドが1.9%高。一方、ウーバー・テクノロジーズが9.9%安、マイランが9.9%安、ファイザーが1.5%安だった。(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2019年11月 月間)
Crown 2
白金(標準)
211,880枚
Crown 1
金(標準)
516,686枚
Crown 3
プラッツドバイ原油
186,930枚
商品先物相場解説