TOP>マーケットニュース>◎〔金利・債券市況〕先物、続落=長期金利はマイナス0.095%(6日午前)

マーケットニュース

◎〔金利・債券市況〕先物、続落=長期金利はマイナス0.095%(6日午前)

     債券先物は続落。長期国債先物の中心限月2019年12月物は前日比50銭安の153円39銭で午前の取引を終えた。長期金利の指標となる新発10年物356回債利回りは0.045%上昇のマイナス0.095%と、5カ月ぶりの水準になっている。
 前日の米債券市場で債券売り優勢となった流れを引き継ぎ、東京市場でも売り先行で始まった。その後も為替相場の円安傾向を眺め、軟調に推移した。
 この日の10年債入札について「入札が弱いと一段と調整が進む可能性がある」(外資系証券)と警戒する向きがあった。
 現物利回りは、2年債が0.035%上昇のマイナス0.210%、5年債が0.045%上昇のマイナス0.225%、20年債が0.030%上昇の0.255%、30年債が0.025%上昇の0.395%だった。(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2019年10月 月間)
Crown 2
白金(標準)
216,282枚
Crown 1
金(標準)
585,416枚
Crown 3
プラッツドバイ原油
199,051枚
商品先物相場解説