TOP>マーケットニュース>◎〔東京貴金属〕金、NY安映し4日ぶり反落=白金も安い(6日)

マーケットニュース

◎〔東京貴金属〕金、NY安映し4日ぶり反落=白金も安い(6日)

     金は4営業日ぶりに反落。終値は、中心限月2020年10月先ぎりが前日比60円安の5193円、ほかは59〜63円安。日中立ち会いは、前日のニューヨーク金先物相場が投資家のリスク選好を背景に下落したことから、売りが先行して始まった。その後は、決め手材料難からもみ合いとなり、大引けにかけてNYの戻り一服を受けて水準を切り下げた。ゴールドスポットは64円安の5205円。
 銀は50銭〜1円60銭安。
 白金は反落。安寄りした後も、NYの軟調を眺めて下げ幅を拡大し、期先を中心にこの日の安値圏で取引を終えた。終値は、20年10月先ぎりが47円安の3239円、ほかは35〜46円安。プラチナスポットは43円安の3227円。パラジウムは、約定した当ぎりと期先3限月が54〜116円安。(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2019年11月 月間)
Crown 2
白金(標準)
211,880枚
Crown 1
金(標準)
516,686枚
Crown 3
プラッツドバイ原油
186,930枚
商品先物相場解説