TOP>マーケットニュース>◎〔ロンドン外為〕円、109円近辺(6日正午)

マーケットニュース

◎〔ロンドン外為〕円、109円近辺(6日正午)

     【ロンドン時事】6日午前のロンドン外国為替市場では、手掛かり材料難の中、円相場は1ドル=109円近辺での小動きとなった。正午現在は108円95銭〜109円05銭と、前日午後4時(109円10〜20銭)に比べ15銭の円高・ドル安。
 対ユーロは、1ユーロ=120円75〜85銭(前日午後4時は120円80〜90銭)で、05銭の円高・ユーロ安。
 円の対ドル相場は109円を挟んだ水準での推移。新規材料に乏しく、上にも下にも行きづらい状況となった。ここ最近は米中貿易協議の進展期待を背景に109円台まで売られたが、市場参加者からは「110円の節目を突破するには材料不足だ」(邦銀筋)などと一本調子の円安基調に慎重な見方も多い。
 米中首脳会談が今月半ばにも開かれる見通しで、当面はそれが焦点となる。英国で下院が解散され、選挙戦に突入したが、12月12日の投開票まで約5週間あることもあり、市場の反応は限定的だった。
 ユーロも狭いレンジ内の動き。ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.1080〜1090ドル(1.1070〜1080ドル)。
 ポンドは小幅高。1ポンド=1.2880〜2890ドル(1.2860〜2870ドル)。
 スイス・フランは1ドル=0.9930〜9940フラン(0.9915〜9925フラン)。(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2019年10月 月間)
Crown 2
白金(標準)
216,282枚
Crown 1
金(標準)
585,416枚
Crown 3
プラッツドバイ原油
199,051枚
商品先物相場解説