TOP>マーケットニュース>◎〔金利・債券市況〕先物、値を消す=長期金利はマイナス0.085%(7日午前)

マーケットニュース

◎〔金利・債券市況〕先物、値を消す=長期金利はマイナス0.085%(7日午前)

     債券先物は高寄り後、値を消した。長期国債先物の中心限月2019年12月物は前日比03銭安の153円20銭で午前の取引を終えた。長期金利の指標となる新発10年物国債356回債利回りは0.005%上昇のマイナス0.085%となっている。
 前日の米債券市場が上伸した流れを引き継ぎ、先物は高寄りして始まった。ただ、その後は売りに押される展開となり、マイナス圏に沈んだ。
 現物債は短中期ゾーンの重さが目立ち、市場では「日銀のマイナス金利拡大を見込んだロング筋が外しにかかっているのではないか」(外資系証券)との声が聞かれた。
 現物利回りは、2年債が0.020%上昇のマイナス0.175%、5年債が0.015%上昇のマイナス0.200%、20年債が変わらずの0.260%、30年債が0.005%低下の0.395%となっている。(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2019年10月 月間)
Crown 2
白金(標準)
216,282枚
Crown 1
金(標準)
585,416枚
Crown 3
プラッツドバイ原油
199,051枚
商品先物相場解説