TOP>マーケットニュース>◎〔東京株式〕弱含み=利益確定売りがやや優勢(7日後場寄り付き)

マーケットニュース

◎〔東京株式〕弱含み=利益確定売りがやや優勢(7日後場寄り付き)

     【第1部】後場の日経平均株価と東証株価指数(TOPIX)は、ともに弱含み。買いの手掛かりとなる材料に乏しい中、利益確定売りがやや優勢となっている。
 ソフトバンクGの売り物が厚く、ソフトバンクは小幅安。任天堂が下落し、ソニーは軟調。トヨタが甘く、SUBARUもさえない。半面、キーエンスが締まり、ファナックは小幅高。武田がにぎわい、三桜工は個別に買われている。東エレクは前日終値付近でもみ合っている。(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2019年11月 月間)
Crown 2
白金(標準)
211,880枚
Crown 1
金(標準)
516,686枚
Crown 3
プラッツドバイ原油
186,930枚
商品先物相場解説