TOP>マーケットニュース>◎〔東京貴金属〕金、NY安映し急反落=白金も大幅安(8日)

マーケットニュース

◎〔東京貴金属〕金、NY安映し急反落=白金も大幅安(8日)

     金は急反落。終値は、中心限月2020年10月先ぎりが前日比51円安の5150円、ほかは49〜56円安。日中立ち会いは、前日のニューヨーク金先物相場が米中貿易協議の進展期待を背景に大きく下落したことから、売りが先行して始まった。その後も水準を切り下げたが、午後はNY相場の戻りを眺め下げ渋った。ゴールドスポットは59円安の5157円。
 銀は1円50銭〜2円20銭安。20年2月きりは出合いがなかった。
 白金も急反落。安寄りした後、NY相場の軟調推移を映し、下げ幅を拡大した。先ぎりが64円安の3188円、ほかは63〜67円安で大引けた。プラチナスポットは64円安の3175円。パラジウムは、約定した期先2限月が3円安〜11円高。(了)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2019年10月 月間)
Crown 2
白金(標準)
216,282枚
Crown 1
金(標準)
585,416枚
Crown 3
プラッツドバイ原油
199,051枚
商品先物相場解説