TOP>マーケットニュース>◎〔シカゴ大豆〕反落=農務省の生産高、単収予想据え置きで(8日)

マーケットニュース

◎〔シカゴ大豆〕反落=農務省の生産高、単収予想据え置きで(8日)

     反落。米農務省が8日発表した11月の農産物需給報告で、大豆の生産高予想を10月報告と同じに据え置いたことを受けた。市場は下方修正を見込んでいた。
 中心限月1月きりの清算値は5.50セント安の931.00セント。今週を通じては0.6%安で、ここ4週間中3週で下落したことになる。
 米中貿易協議の「第1段階」合意をめぐる懸念の再燃が相場を圧迫した。トランプ米大統領は中国が望んでいる対中追加関税の撤回に合意していないと発言し、貿易戦争がいつ終わるのかをめぐる新たな疑念が浮上した。
 農務省は2019〜20年度の米国の大豆生産高を35億5000万ブッシェル、単収を1エーカー当たり46.9ブッシェルと予想した。10月報告をいずれも据え置き、市場予想平均を上回った。(ロイター時事)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2019年11月 月間)
Crown 2
白金(標準)
211,880枚
Crown 1
金(標準)
516,686枚
Crown 3
プラッツドバイ原油
186,930枚
商品先物相場解説