TOP>マーケットニュース>◎〔ロンドン金属〕LME銅、下落=トランプ氏の講演控え(12日午前)

マーケットニュース

◎〔ロンドン金属〕LME銅、下落=トランプ氏の講演控え(12日午前)

     欧州時間12日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、トランプ米大統領の講演を控えて1週間ぶり安値に下落した。講演では、自動車に対する関税措置の延期表明や、米中貿易戦争の方向性に関する手掛かりが得られると期待されている。
 LME銅3カ月物は1210GMT(日本時間午後9時10分)時点で、0.3%安の1トン=5864ドル。今月1日以来の安値で、このままマイナス圏で推移すれば3営業日続落となる。
 INGのシニア商品ストラテジスト、ウェンユー・ヤオ氏は貿易に関連するニュースに関してより明白な示唆が得られるまでは、銅相場はレンジ取引となるだろうと指摘。「講演の中でトランプ氏がどのようなトーンで米中貿易協議に言及するかが注目されている」と解説した。(ロイター時事)
[時事通信社]
    

更新情報

商品取引高ランキング(2019年11月 月間)
Crown 2
白金(標準)
211,880枚
Crown 1
金(標準)
516,686枚
Crown 3
プラッツドバイ原油
186,930枚
商品先物相場解説